電力の一括見積

電力の一括見積について|高圧・特別高圧

当センターは、電力の切り替えを希望する需要家様に対し、電力会社の比較を支援いたします。現在の電力市況と電力各社の状態を鑑み、ご依頼いただいた皆様の利用状況に最適な新電力を選定し、ご紹介いたします。可能な限り多くの新電力会社を紹介させていただくことで、皆様におかれましては複数社の見積を比較することができます。

電力会社の切替は、手間と初期費用なく経費削減できる効果的な手段です。切替手続きの大半は電力会社が代行するため、皆様におかれましてはほとんど手間が発生しません。必要であれば、私共も切替手続き等のサポートをしております。

また、各電力会社によって見積もりフォーマットが異なるため(税別・税込・前提利用料等)、同一条件にて一目で分かりやすく比較できる資料なども提出いたします。費用は全て無料となります。当センターからの支援をご希望の方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

電気代削減のイメージ(年間)

cut-costs

下記のような方はご検討ください

  • 電気代を最大限安くしたい方/li>
  • 複数の施設をトータルで安くしたい方
  • 新規施設への電力供給開始時点で新電力と契約したい方
  • RE100やSBTといった国際イニシアチブに関心のある方
  • CDPへの回答方法を検討している方
  • 東京都C&T制度にてCO2削減相当を利用したい方

一括見積のメリット

当センターによる見積もりのメリットは、専門家が電力利用データ等から最適な電力会社を選定しご提案すること、そして見積の手間を省くことができる点です。また、多くの電力需要を一括で取り扱うことで、電力会社から安価な料金を引き出しやすい点があります。

通常、電力切り替えによるコスト削減の余地は、需要地域や電力デマンド・電力利用規模、電力会社の現在の電源空き容量やグループとしての経営方針、電力会社とのこれまでの関係性などにより増減します。例えば、電力利用規模であれば、多くの電力を利用している施設ほど電気代は安価となる傾向があります。

日本には現在、年間100億円近くの電気代を利用するケースもある特別高圧が1万件、高圧が70万件ほどあります。一つ一つの施設は、電力会社側から見ると規模の大きいものではないので、価格の引き下げが難しい場合もあります。当センターでは多くの施設からの電力需要を一括で取り扱うことで、最大限の電気代削減を図ります。

一括見積のデメリット

高圧部門で電力を提供している企業は300社以上あり、当センターの電力比較では全ての電力会社から見積もりを得ることはできません。電力契約は一年のケースが多いですが、毎年同じような複数の電力会社への依頼を繰り返することは、電力会社内の貴社の立ち位置を低下させるリスクに繋がるからです。

しかしながら、電気料金は、新しい技術や制度などにより安価になっていくこともあり、数年単位で定期的に電力会社の見直しを検討することが重要です。そのため、ある程度選定して見積もり依頼する必要があると考えられます。その点を考慮し、当センターでは現状で削減能力の高いと考えられる電力会社に見積もり依頼しております。また、ご希望があれば、当センターでは長期的な切替サポートも実施しております(無料)。

各社個別に見積もりをしたい方につきましては、新電力企業一覧をご覧ください。この中で「販売実績あり」の一覧は、高圧や特別高圧の販売実績がある企業です。300社以上の中から、電力の購入元を選択することができますので、ぜひご利用ください。

地元の企業から電力を選びたい方は、代理店一覧をご覧ください。地域に密着した企業から電力を購入することが可能です。

一括見積の流れ

下記の「お問い合わせフォーム」にて、電力一括見積を希望する旨をご連絡ください。その後、担当者からメールにてご連絡差し上げます。個別に要件を伺い、見積もり作業を進めさせていただきます。

基本的に、手間を削減したい方におかれましては12ヶ月分の電力明細をご用意・提出いただくのみです。その後、当方にて各電力会社と調整、見積もり比較用の資料を作成し、提出いたします。その資料を参考に電力会社を決定いただく流れとなります。

電話でのご質問

03-6411-0859(10:00~19:00 土日祝休)

電力切替の大まかな流れ